伝統の英国車「ランドローバー」

SUVの人気が高くなり、いろいろなメーカーから発売されていますが、息の長い車種として存在し続けているのが英国製のランドローバーです。もともとは英国陸軍の特殊部隊が使っていた車両をコンシューマー向けに発売したことから始まっています。その当時は米国のジープが世の中にあるぐらいで、SUVの元祖と言っても過言ではないぐらいの歴史があります。現在に至るまでに親会社が色々と変わりましたが、基本的なテイストは変わることなく、本格的な構造を維持し続けています。クラムシェルボンネットは前側の両端が膨らんだ特徴的なスタイルで、いつの時代も受け継がれているデザインです。箱型のシンプルな形も昔からのファンを虜にしています。四輪駆動を採用した機構は、走行性能も優れていて悪路でも走破できる能力があります。

中古でランドローバーを選ぶときのコツ

基本的に頑丈な車体なので、長い間乗ることができる点では中古を選択することに問題はありません。ただし外車に多い電気系のトラブルや激しい乗り方をされていたことによるサスペンションの劣化などが気になります。2000年代以前のものは特にトラブルが多いとされているので、購入時にはメンテナンスのことも考えておきましょう。2005年以降の車種はラグジュアリの路線も発売されているので、街乗りで使っていた人も多く、程度の良いものを見つけやすくなります。ただし購入前には見た目だけでなく走行に問題がないかもしっかり確認しておきましょう。中古は安くて良いように思えますが、維持費を考えると新車でもそれほど変わらないかもしれません。維持にかかる部分も含めてのトータルでの検討が必要です。

ランドローバーの中古車は、グレードで選ぶことが大切です。装備に違いがあるため、必要な装備が搭載されているグレードの車を選ぶと後悔することがありません。