日本では外車は高級車のイメージ

外車のイメージは、高級で高いというものではないでしょうか。外車といってもピンキリですが、日本で人気のある外車はヨーロッパの高級自動車メーカーなどです。そのため、確かに外車といえば高いというイメージを持っていてもおかしくありません。実際、日本に入ってくるグレードは、特に装備が充実しているものが多く、本国仕様ではある簡素なグレードがないなど、販売戦略上も高級イメージを持ってもらうようにしているのは事実です。

中古車なら外車も安く購入可能

新車の場合は確かに高く売られている外車ですが、中古車に目を向ければ安く購入可能です。外車は維持費がかかるので、中古ではあまり人気がないようです。特に、型落ちのモデルなら国産の売れ筋中古車よりも安い値段で売られていることも少なくありません。維持費の面は確かに気になる所ですが、もともと高い値段で売られていた車です。極端に状態が悪くなければ、中古であってもしっかりとした質を保っていますので非常にお買い得です。憧れの外車を手に入れたいなら中古車を視野に入れてみても良いでしょう。

状態はきっちりと確認して購入しましょう

外車の中古車を購入する場合は、状態を特にしっかり確認したほうが良いです。というのも、修理費用が国産車に比べて高くなるため、初期異常が多いと修理代をプラスすれば結局は安くなかった、ということにもなりかねないからです。最低でもエンジンの異音がないか、外装にダメージがないか、といった素人でも確認できる点は確認しておきましょう。

ボルボは、スウェーデンの自動車メーカーで、ボルボの中古車は、安全装備に定評があり、人気が高いのが特徴です。