とにかく扱いは丁寧に

フィギュアを棚などに飾っておくと、どうしてもホコリがついてしまいます。ただし、きれいにしたいからと、力を入れてタオルなどの布で拭くのは避けておきたいです。理由は傷がついてしまいますし、何よりも塗装が剥げてしまうのです。すると見栄えが良くないですし、売ることになった際には値下がりは避けられません。

そこでハケや絵筆といった毛の柔らかいもので、ホコリを取り除くのが良いでしょう。もしも歯ブラシで行うなら、使い古したものであれば傷がつきにくいです。

しかし、フィギュアによっては長期間保管していると、表面がベタついて来る場合もあるのです。その時はぬるま湯につけてやりましょう。しばらくすると汚れが浮いて来るので、優しく指で取り除き、後は乾燥させれば終了です。

配慮しておきたいこと

できればフィギュアは箱に入ったままの状態で保管しておきたいです。ただ、フィギュアは箱から出して飾りたいという人も少なくありません。もしそうならなるべく太陽の光が当たらない場所に置くようにしたいものです。紫外線は色落ちの原因になりますし、あまりにも高温になる場所ではフィギュアが変形してしまう恐れがあります。反対に低温になり過ぎる場合でも、ひび割れやフィギュアに使われている素材によっては縮みも起こります。それらを避けるためにも、日陰で風通しが良く、比較的気温の変化が少ないところが望ましいです。

また、タバコのヤニも大敵ですから、フィギュアの保管場所は禁煙にしておくのが無難です。

フィギュアの買取は一般的なリサイクルショップなどでも行えますが、しっかりと価値の分かる買取店で行うのがおすすめです。近場に無い方はネットショップなども有効活用しましょう。